<< 私、隠れオタクです。 / main / スラムダンク >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

スラムダンク

さて、スラムダンクはIH2回戦、つまり対山王で描写が終了し、言葉として次の対愛和学院戦で湘北は敗れています。
ここで浮かび上がる疑問が、「どこが優勝したんだろう?」ということですが、海南は彩子曰く準優勝だったということで。
海南が2位なら、愛和は最高でベスト4でしょうね。
なぜなら海南とは決勝では当たれない。
海南VS愛和が実現するのは、決勝進出をかけた試合ですから。

ということは・・・
優勝は、トーナメントで海南の向こう側のチームということになりますよね。
海南の向こう側にいる強豪チームは、大栄と名朋。(存在する描写で判断すると)
ただし、作者・井上雄彦先生が「ワンマンチームは勝てない」というようなことを言っていたそうです。
名朋は森重しか描写ありませんから、もしかしたらワンマンチームかもしれません。
だとすると、大栄?
大栄は、彦一曰く「4番を中心によくまとまったええチームや」ということで。

もしかしたら大栄かもしれませんね。
彦一が大栄の4番―土屋淳を「どことなく仙道さんタイプ」と言ってます。
おおいに有り得ますよね。それに私、







土屋淳、好きですので!










土屋淳、好きですので!!














・・・なんとなくね。あの異彩を放つ容姿が。
てかサッカーの大黒選手に似てますよね。
でも漫画だから好きなわけであって(おい)




で、話を元に戻すと、巷では博多商大付属が優勝したという噂が飛び交っているようで。
描写がないどころか、誰も博多商大について何も言ってないから怪しいですけどね。
まあ、トーナメントというのは四つ角が強豪ですから・・・
山王は散った、海南は2位、名朋はワンマンかもしれない。
だからかもしれません。

でも、私の中では大栄、或いは番号44のあのチームだと思ってます。
同郷の出、ですからね。


というか、もうかれこれ10年前の漫画なのに、冷めやらぬこの人気。衰えないスラムダンク議論。
凄いですね〜〜〜!!

おわり。
















人気blogランキング

スラムダンク 区切り 13:59 区切り comments(1) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 13:59 区切り - 区切り - 区切り

Comment

作者が選手との対談で作中には描かれてないチームと言ってるので、博多かその他のまだ見ぬチームの可能性が高いですね。

なかた 区切り 2018/06/06 1:28 PM

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback